かぼちゃの美肌サラダで内側から美肌ケア

 

 

かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンは、植物内に存在する赤橙色の色素のひとつです。
その働きが注目されているのは、体内でビタミンAに変化して、目の網膜や口・鼻などの粘膜、肌、髪、爪 などの機能を保つだけでなく、体が酸化するのを防ぐ抗酸化物質として、老化を防ぐ働きが期待できるからです。
この美肌サラダにはレーズンを加えていますが、体のむくみを抑えるカリウムや、お通じを良くしてくれる食物繊維が摂取できるほか、貧血などには効果的な鉄分も多く摂れます。
さらにくるみはビタミンEなどのさまざまなビタミンやミネラルが多く含まれており、栄養価の高い食材ですが、くるみにも食物繊維が多く含まれており、サラダの食材としてポリポリという食感が加わることで、いっそう食欲がわいてきます。
体に良いといわれる食材を単独で食べようとすると、どうしても1回に食べられる量には限界があり、また同じ食べ方だけでは長続きしません。ぜひ食べ方のバリエーションを増やし、美味しく食べる工夫を試みてはいかがでしょうか。
またサラダに加える食材を工夫することによって、より効果的な栄養素の摂取が可能になりますので、ぜひいろいろな組み合わせに挑戦してみてください。
daietto-man01_m