もはや定番、キムチ鍋で身体も温まる

 

 

豚肉をたっぷりと入れたキムチ鍋は唐辛子の有効成分のカプサイシンの働きで発汗作用があり、体もよく温まります。
豚肉からはよいダシが出るだけでなく、疲労回復成分のビタミンB1も豊富に摂取することができます。白菜の漬物は乳酸発酵によって、旨みと栄養が凝縮しています。美味しいだけでなく、発酵の力で栄養分が体に吸収されやすくなっています。鍋料理で使うときは古漬けになったものが最適です。または、冷蔵庫で余らせてしまって酸っぱくなってしまったものを使います。古漬けの場合はそのまま食べるには酸味が強すぎますが、火を通すと酸味は和らぎ、そして豚肉の油と絶妙によく合います。豚肉は脂身が多いバラ肉を使うのがおすすめです。隠し味として味噌を入れるとよりいっそうコクが増します。コクのある鍋料理のスープは体を温めるのに最高のものです。さらにとろみをつけると体が温まりやすく、スープが冷めにくくなります。鍋料理用の餃子を一緒に入れると、程よくとろみがつきます。漬物には魚介類や海藻などのさまざまな材料が含まれていますから、複雑で深みのあるスープになります。
韓国産の唐辛子を使っているものなら辛さはまろやかです。煮込んでも風味が損なわれませんから、鍋料理にも十分に適しています。

daietto-man01_m