豆乳キムチスープで酵素を補う

 

 

冬の時期には濃厚で温かいスープが飲みたくなるものです。栄養価が豊富で、簡単に作ることができるため重宝するのが豆乳とキムチのスープです。このスープを食べれば植物性の乳酸菌を摂取することができ、腸内環境を整えることができます。
大豆に豊富に含まれるイソフラボンは骨の中のカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きがあるため、骨粗しょう症の予防に効果的で、また同時に大豆にはカルシウムが多いため、骨を強化するのに特に適しています。キムチは乳酸発酵がされているために、栄養分の吸収率が高くなっている健康食材です。唐辛子のおかげで、食べればよく汗をかくため新陳代謝を促進して冷え性も予防できます。数多くの材料で作られているキムチをスープにすれば、とてもいいダシが出ます。このダシは栄養分が凝縮したものでもあります。消化にもやさしいものですから、胃腸に負担をかけることもないスープになります。大豆由来の豊かなコクと程よい脂肪分のおかげでキムチの辛さはとてもまろやかになりますから、辛いものが苦手な人でも食べやすいスープになります。
このスープは朝食でも昼食でも夕食でも、どんなときにも適している料理です。何度食べても飽きない味で、長い期間にわたって食べ続けることができます。

daietto-man01_m